記事内に広告が含まれています

健康食ブームとやら

接客の心得

合食禁/食べ合わせ

合食禁 「好きなモン(食物)食えないでなんの人生だよ!別に長生きしようなんて思わねぇから、俺は好きなモンを好きな様に食べて生きるよ」 仲間の板前と栄養面の話をしてますと、最後は大体このセリフが飛び出します。 おいらはこの意見に全面的に賛成で...
板前稼業と飲食商売

「喪失した食」日本と中国

失った食の安全 ホームページは当たり障りのない事しか表現できませんので、ある面人任せにしたほうが良いという考えでして、実際そうしてます。 で、自分は好き勝手の出来るブログをしてるわけですけども、「好き勝手」っていうのは、かなり継続が難しいも...
健康食ブームとやら

中国製食品の中毒問題

中国製食品 有機リン剤ですか。終わりましたな、これは。《未必の故意による殺人罪》と言えるでしょうね。 メタミドホスは中国でたびたび危険性が問題になった農業殺虫剤。神経ガス同様の症状を引き起こす毒性のある化合物。中国でも2004年6月に製剤販...
健康食ブームとやら

納豆騒動

「納豆食」出来ねぇ軽挙妄動 納得出来ないも何も、しつこいくらい何度も書いてるおいらのセリフ、 「正確な知識と冷静な判断(行動)が肝心」 何がなにやら分かんねぇ程、食に関しての情報が氾濫してるからこそ、余計にそうでしょう。 だから、今回の納豆...
健康食ブームとやら

〈食い違い〉の日本人

〈食い違い〉の日本人はBSEの牛 個人的な見解にしか過ぎないんですが、おいらは洋食に偏ったきらいのある明治以降の日本人の食生活は狂ってると考えています。 肉・卵・乳製品の様な「消化が良く(繊維がなく体内に毒素が留まるの意)」過食を促す食べ物...
板前稼業と飲食商売

嫌煙と飲食店と健康食品

お客さん同士が殴りあう寸前まで行ったのが数度。そこまで行かなくても、諍いは数えきれない。 煙草を吸う人と吸わない人の感情的な縺れは、飲食業者を悩ませる大きな問題です。カウンターの多い和食系はなおさらの事。 「席を移動させてくれませんかね。煙...
板前稼業と飲食商売

砂糖有害論を考察

砂糖考〔1〕 おいらが料理の世界に入る前と後で、まったく逆転しちゃったのが砂糖に対する考え方です。 ガキの時分にゃ甘い物が大好きだったもんですわ。わた飴やどら焼き、人工甘味料や着色料でドギツイ色した菓子やジュースにまで目が眩んだりしてました...
健康食ブームとやら

そもそも砂糖って何?

そもそも砂糖って 中毒性依存的な種類を含めた精神的問題、虫歯、心臓血管系疾患、脂質代謝異常、肥満、高血圧、糖尿病、反応性低血糖症、そしてガンへの関与。こういった嫌疑が砂糖にかけられ、あたかもそれが証明済みの事実の様に声高に砂糖を非難される方...
健康食ブームとやら

『スィーツ』嫌い

スィーツ 世のかみさん方やお嬢さん方にしかられるのを承知で、はっきりと言います。 おいらは『スィーツ』なるものがでぇ嫌いっ です。 料理の修業を長年重ねて来て、いろんな現場で実務するうちに承服しかねる光景を見てまいりました。 それは現代料理...
健康食ブームとやら

漬物と天然塩の話

梅干の塩分量が10%前後になってしまいましたねぇ。昔は18%~20%が普通でしたが今や減塩の世の中ですから。白菜漬けも3%くらいですか、ほとんどの漬け物が数パーセント塩分を減らしていますね、市販物は。 正直言いまして美味しくなくなりました。...
健康食ブームとやら

どんな塩が良いのか

減塩と良い塩 日本人は米が主食だから、塩分の強い副食を食べ過ぎる、従って健康に好くない。なんてアメリカ輸入の神話が根強く蔓延してますが、近年の美食ブームの流れの延長線なのか、「塩の美味さ」が見直されてるのはよい傾向でしょね。 先頭に書いた話...
健康食ブームとやら

塩が悪玉になった理由

塩が悪玉になった理由 日本人の体を、じわじわと蝕んでいるものに、砂糖の多用があり、それと平行して起きている減塩ブームがあると思います。塩は高血圧の原因とされ、減塩は国家的常識の様相です。 厚生労働省は一日10g以下を奨励、医師は塩分過多に注...