記事内に広告が含まれています

煮物、焼物、愚か者

板前修業の意味と結果

煮過ぎ沸かし過ぎは禁物。「煮えばな」を味わう。
これは料理の初歩にして奥義でしょうな。

商売にもそのまま当て嵌まると思います。

商売と人生で共通するもの

商売とは人間関係。
そして人間関係は世に生きる者の全てです。

つまり上に書いた事は料理だけじゃない普遍的なもの。

煮過ぎ・沸かし過ぎ
これが良くないのはネットのサイトも同様だと思っています。

しかし年月は自然に積み重なっていくもの。
なので「煮えばな」を維持するのは難しい。
まぁ不可能に近いものがありましょう。

だが諦めずに努力はすべきでしょうな。
中庸を保つにはそれが必要です。

少なくとも「加熱」に自ら乗ってしまうのは慎むべき事。

理由は簡単。「バランス」ですよ。
物事は「あつく」なり過ぎれば必ずバランスが崩壊する。

「ぬるま湯」の温泉には入る気がしない
だが熱すぎれば入りたくても入れない

そういう事です。

焼くものと焼かれるもの

仮にAという板前がいるとします。
頭の回転が早く手先が器用。物覚えが良い。

しかしこのような人間に付き物の欠点がある。

好奇心からより強い熱源に近づくのはいい。
だがいきなりショートカットを作ってしまう。
分かりやすく言うと「近道」をしてしまうんです。

結果的にAは「強火に炙られる」ことになります。

次にBという板前。

このBは叱れてばかりで物覚えが悪い。
不器用で庖丁も上達しない。
腕が良くて華のある兄さんや同僚を遠くから眺めるだけ。

だがこのBには理解されにくいが良い面がある。

「辛抱する力」を持っている事です。
投げ出さず諦めない。

出来の良い周囲の板前から馬鹿にされつつ、
「とんま」「くず」と冷水を浴びせらても堪える力がある。

Bは「強火の遠火で炙られている」状態です。

三人目の板前はC。

ごく普通の人間です。
特に物覚えも悪くなく、人付き合いも普通。
仕事も修行年数に見合った分だけソツなくこなす。

だがのめり込む程の熱意はなく、冒険心も持っていない。
失敗をせず適度に人生を渡って行ければ満足。

まぁ現在一番多いのがCのような人間でしょう。

Cは熱い熱源から遠い場所におります。
なので「遠火、または弱火で炙られている」と言えましょう。

「焼く」とは何か
それはね、「対象を鍛えること」です。

冷たく美しい輝きを放つ絶品の「日本刀」
なぜこれほど妖しい輝きを放つにいたるのか。

それは「焼きを入れる」からです。

だがそれだけではありません。

もうひとつ欠かせない事があり、これがあってこそ。
「水で冷ます」工程です。

この二つのメリハリを経てしっかりした刃物になる。

では料理の焼物はどうか。
一番難しい、というか不可能。だが理想は、
アイスクリームを焼くこと

アイスは氷。
氷は水。水だが旨味を含んだ水。

しかし水分は焼けません。
もし可能ならこれが究極の焼き物でしょう。

これにより近いほど美味しい焼物を作れる。

例えばフグの白子を焼いたもの。
白子は外部の薄皮だけで内部は固形を保っていません。

こうした難しい焼物をうまく仕上げるにはどうしたらいいんでしょう。

破綻を恐れ火を弱くし、遠ざけるべきか。
そうすると確かに失敗はしないでしょう。

しかしそれは燻製に近いものでしかない。
Cはこのような焼物しか出来ず、自らもそんな人生を歩む。

冒険して思い切り熱源に近づけてはどうか。
そのうえ強火だと早く仕上がる。
Aの発想ですな。

仮に「成功」したとしても内部は冷たい。つまり「中身が無い」
だいたいは外側だけ焦がして失敗するのがオチです。

せっかち過ぎるとね、
いつしか多くの「見返り」を求めるようになり、その結果いつまでたっても現状に満足出来ない不満を持つ。

それが人生の最後まで続く事になります。

Aのようなタイプの多くは才能を自ら摘んでしまうのです。
器用貧乏のまま人生を無駄にする。

見事に鍛え上げるにはどうすればいいのか。
その答えを出してくれるのはBです。

遠すぎず、近づき過ぎず
熱すぎず、冷めたくもなく

その中庸を経験で身につけてモノにしてるのはBのみ。

辛抱できずに諦めていれば冷水の中に入るだけです。
それではAと変らぬ人生が待っているだけ。

遠くからでも火の熱さを目指して諦めぬ姿勢。

外部はしっかりと焼き固まり、内部には滋味の詰まった水分をたっぷり含んでいる。

Bはいつか必ずそのような焼物を焼けるようになります。

そして自らの人生もそれと同じ様なものとなる。

大寒も過ぎました。
春を待つと致しましょうや。

魚山人さんコンバンハ

文章って言うのは難しいものですね。
独り言ならまだしも
こうやって、活字にすると特に難しく感じます。

多くの人に向けたものだという意識をしすぎると何も言えなくなるし
個人への思い入れがありすぎると偏った表現になってしまう。

自分の経験を話すだけならだれにも否定のしようのないものですが、それは単なる経験に過ぎず、提言が過ぎると
有る人には良く感じられても、それを読むと傷ついてしまう人がいるかもしれません。

でも、それを言ってたら何も言え無いんですよね。
多少の言葉尻には目をつぶり、全体を見ればその人が何を言いたいかが何となく見えてくる。

だから僕は鯔さんや魚山人さんの会話からも色を読みとるようにしています。見るともなく全体を見る。

自分の残した足跡を、その時は駄文に見えても残しておくことで、嗚呼あのときはこんな事を考えてたっけ、と懐かしむ事が出来ますから。

Posted by 水匠 at 2011年01月22日 01:48


お疲れ様です。

『B君』が生き残り 華を咲かせるような環境を 少なくとも爺ゎつくっておいて欲しいよ。
『継続こそ力なり』←だ!
『継続は力なり』ジャネェからね。

いよいよ板前絶滅元年が
やって来たのかな…
爺のお膝元ゎどうすか?

横浜
なんもネェ 張りぼてばかりの町。 中華街 外人墓地
『和』の匂いがこれほどまでに皆無な繁華街も珍しい場所だ。

『うさぎとカメ』を彷彿させる記事ですね! しかし『C君』ですか…

笑ってらんネェ時代に突入してますよ C君達。職を失いますよ。 かと言ってB君達ゎ間違いなく最初に切られます。 A君ゎ飯喰う位の仕事を どんな環境でもすんだろうから心配よりも 間違った方向や ズルを身につけネェよう忠告しとくよ。


経済ってな魔法や宗教を
崇拝する経営者様々ゎ
どうもフットワークを軽くすることにヤッキになるんだ。
『利益を出す』
これが使命。
仕方ネェんダロよ。


ここらで
鯔『嫁編』に話を移行。

普段ゎ車移動がメインの俺も
たまニャさ バス電車をつなぎ繁華街へ出る。
すっとな まず不思議に感じたのがエスカレーター。
皆様方北朝鮮ヨロシクな感じで左側へ一直線。言い方が悪いな…天皇陛下万歳!並に
左側一直線。
俺のカミサンゎ右側に子供と手をつなぎ エスカレーターのまんま上昇。 サラリーマンらしき方が駆け足で右側を上がって来るが 娘がいるモンで止まる。
娘ゎ背中越しにサラリーマン風のヤツの顔をながめるが カミサンの一言。『動かなくてイイからね!そのまんま!危ないから』俺ゎその前で右側の手摺りに寄り掛かってたがね(笑)
長男坊ゎさすがだ!
『パパとママ うっぜぇ!ハジに寄れよ!』

人間関係ゎ難しいね。爺

俺とカミサンゎ長男坊に
『駆け上がるんなら階段上がりゃイイダロ!』←と一言。
長男坊ゎ『…』


『B君』『A君』『C君』
虎視眈々ゎ必要ネェ! ま そう焦んなや! 必要なんゎ
『ひたむき』←これだ。


とても説得力のある記事。
今後の糧にします。


ありがとう(v^-゚)

Posted by 鯔次郎 at 2011年01月22日 02:23


お疲れです水匠さん。

おっしゃる通りです。
言葉は本当に難しい。

真実はね、難しいのは言葉ではなく人間。
なのだがやはり言葉が先行せざるを得ない。

だが気にしすぎると発言は出来ない。
だから自分の中で掟を作るといいでしょうな。
おいらの場合はね、「阿り」と「甘え」は許さない。
自分にも他人でも例外はありません。



それはそうと、
「水匠さんにくれぐれもありがとうございますって感謝を伝えておいて下さいね」
そう娘から頼まれましたので伝えておきます。

Posted by 魚山人 at 2011年01月22日 04:00


お疲れです鯔さん。


板前だけじゃなく絶滅するモノはする。
すればいいんですよ。徹底してね。
もうそこからしか日本は変らない。



>『B君』が生き残り 華を咲かせるような環境を 少なくとも爺ゎつくっておいて欲しいよ。

なぜおいらがそんなモンを作らなきゃいけないんだい?
教えとくれ。

他人の力をアテにするもんが、生き残って華を咲かせられるもんかね。
無理だと思いますよ、おいらは。

皆てめぇの力で道を切り開いてんだ。
自分自身の力でね。





エスカレーターの件だが。
全面的に1号長男坊が正しい。

ご両親は考え違いをしてますな。
ルールを守れぬ子供の将来を想像してごらん。
我が子を未来のヤクザモンにでもする気かね。

手前一人の「我」が公共の場で通るかって話だね。

人々は皆我慢して生きてるんだよ。
混雑するホームでは長い列を作り、通路では片側に寄って歩く。
理由は人様に迷惑をかけてはいけないからだ。

急いでいる者の為に右側を空けておく。
そのルールを無視する合理的な理由は何だね?
もしあれば教えておくれよ。

大勢の人間がそれぞれの事情をかかえて歩いている。
遅刻をすれば仕事を失う人間だって多いんですよ。
中には大事な人の死に目に駆けつけてる人だっているかも知れん。

そんな人に向かって、
『駆け上がるんなら階段上がりゃイイダロ!』 かい?

よく考えてごらん。
そのような両親をみて娘はどう育つかを。

シルバーシートに股ぐらおっぴろげて座り、
化粧道具を取り出してパタパタやって何も感じぬアバズレがオチだ。
ドライヤー引っ張り出し、パーマもするかも(いねぇって ソンナノ 笑)

そりゃ大部分はたいした理由はあるまい。
だが事情を抱えている人が多いのは事実。
そこを考えられんのは「想像力が死んでいる」と言ってよい。

あまりにも醜いセリフだと言わざるをえない。



もっと1号とよく話し込んでみるこった。
もしかしたら教えられるのは親かもしれないよ。
いい子だ。

Posted by 魚山人 at 2011年01月22日 04:01


お疲れ様。

現実社会に於いても これだけ真剣に返事をくれる人ゎ少ネェ。
それがインターネット上にある
blogってヤツのコメント欄で どこの馬の骨か知らネェ俺みたいなヤツに爺ゎ時間まで割いてメッセージ(意見)を。
勿論 俺に限らず他のコメ入れた方々にも。だ。


だから爺に頼むんだよ。
(B君)みたいな輩のことを。
ぬるま湯を与える環境を爺に依頼してる訳ジャネェ。
俺な 社会に出るまでゎ父親の背中見てきた。社会に出てからゎ親方の背中を見てる。『甘ったれを養え』って言ってネェ。 技術や人間関係等迷える若い衆に 爺の背中を見続けさせてやってほしいんだ。
実際に爺がどんな『オヤッサン』かゎ知らネェよ俺ゎ。
でも実際blogのコメント欄で爺ゎB君に愛情くれてんじゃんか! 俺ダヨ俺! 背中ゎ見えネェが 『らしきモン』ゎ理解してるつもりだけど俺。

これが爺の(?)に対する答えです。


んで こっから先のコメゎ爺に理解して貰えんでしょうが一応書く。価値観の相違ゎ誰しもが日常茶飯事で その違いで俺ゎ爺にタテつく気もネェし逆らう気もネェがね。

エスカレーターゎ基本的に歩いたり ましてや走ったりすることを想定してないんです(エスカレーター関連の方談)
だから俺ゎ書いたんだ
危険を伴うんです。
まぁ言い方一つなんでしょうが この返事コメにも爺の優しさが伺える。


1号を『いい子』と。ありがとう。

話合いゎしこたましてますから俺とゎ! カミサンとゎ…仕方ネェよ。年頃だもん。反抗期バリバリ! あんにゃろ俺をアニキかなんかと勘違いしてん
ジャネェのか?と 思うほどリラックスした会話が出来るし だいたいね!中2にもなって俺と同じ布団に寝てんのも他人様にゃ恥ずかしいしだいで…『部屋やるから一人で寝るか?』の答えゎ…ゴメン内緒にしとく。

醜いコメントにゎ申し訳ネェ。
謝るm(__)m

だけどね
モラルやルールってのがいかに価値観でズレてくモンか勉強になったよ。
カミサンゎね エスカレーターを駆け上がるガキに対して
『ダメッ!走っちゃ!危ないから!』って他人の子をも叱る女です。

『我で』?そりゃ違う。
俺に言わせりゃマリア様的感覚ですよ。

アナウンスや貼紙で
『エスカレーターは中央部に乗り手摺りを持って…』
これが危険回避なんです。

この記事
『煮物 焼き物 愚か者』
俺ゎ愚か者代表だね

でも満足だ。

娘。3号ゎそんな両親ながらすくすくと育まれてます。
だいたい受動喫煙に関しちゃウルセェウルセェ(泣)

将来のコイツの旦那様がかわいそうだ(笑)(借りゎソイツに返すつもり)

ヤクザモンってヤツゎさ
親子で手を繋いでる人に対し『どけ!馬鹿!糞ガキ!』って言う方々だよ。

当然 そんな構成員が幹部になることゎネェダロがね。


俺らが(両親)が長男に教わる?
そんなモン毎日ですから!

『子ゎ親の鏡』

間違いネェな
甘ったれ

叩かれながら
強くなりゃそれでイイダロ!
恥ずかしいんなら事前に対策し めんどくせぇなら 人様にナジラレ学ぶんだ。

長いコメ ゴメンm(__)m

Posted by 鯔次郎 at 2011年01月23日 01:53


おつかれです鯔さん。

すまなかった。謝るよ。ごめんなさい。
「醜い」は言いすぎだ。

だが分かってるはずだが、一般論にふっている。
鯔夫妻を直接的に責めてるんじゃありませんよ。

エスカレーターはどうでもいいんです。
「自分がされたらどういう気持になるか」
「相手の立場になって考える事」
それを言いたかっただけだ。

長いレスをありがとう。

Posted by 魚山人 at 2011年01月23日 02:26


おつかれです、たいらさん。

あなたにはいつも感心させられる。
考え方のバランスが優れている。

そして「ものをみる視線」も正しい
なおかつ優しさを併せ持っている。




いらぬ心配をさせて申し訳ない。
なんでおいらがこんなに怒っているのか。

単純に言いましょう。
「たいらさん」「鯔さん」「水匠さん」が好きだからですよ。
それをとやかく抜かすやろうは許せねぇ。それだけです。





いつもの事だが、アンタはコメに「具体名」が多すぎる(笑)
なのでコメ自体は非公開の刑に処します(^^)




ありがとう。


Posted by 魚山人 at 2011年01月24日 02:17


こんばんわ。

自分はどちらかと言えばAのつもりでいました。
学生のころのアルバイトでは、「要領よく、気が利いて、デキル人」とちやほや。
学校の斡旋で「一番高級な、厳しい店に!」と勤め始め、次に動いた店では、とても向上心の維持ができなかった。

土日祝日、年間130日の休みと、毎日3時間以上の休憩。

その5年間で先輩のごますりに徹し気に入られ、得た物は?今手元に残っているものは?何にもない愚か者です。

与えられた仕事だけをタンタンとこなしたCになってます。

いや、Cなら、きっとやってきたことにだけは自信があるはず。
自分には自信もなく中途半端な技術と知識と薄っぺらい人脈。

Bになるのに年齢制限があるのでしょうか?
もし過ぎているなら過ぎた分も上乗せしたらきっとBに近づけるるんだと。
そう思いたいです。

きっと店や人のせいにして努力しなかったバツです。でも、今でよかった。


魚山人さん、鯔次郎さん、たいらさん、水匠さんたちのコメには感心しっぱなしです。

板前はもちろん、人間としてもまだまだ未熟で至らぬ事が多いです。

みなさんの真意を読み取ることも到底出来そうにありません。
しかし勝手に縁があるものだと思っています。食らいついて少しづつでも、立派な人間に近づきたいと思っています。

Posted by じゅん at 2011年01月25日 03:46


こんばんは、じゅんさん。

A、B、Cの三人には境界線はありません。
「いつ誰がどちらに転ぶか分からない」という意味です。
人はよくも悪くも必ず変化します。
何%くらいどちら色に変わるかそれはまったく分かりません。
「みな変化する度合いが違う」と言ってもよいでしょう。
それが人間の面白さであり、人間を四種類に限定してしまう「血液型占い」なるものが、いかに根拠のないオカルトであるかの証明でもありましょう。

人が大きく変化するのは劇的な出来事によるものではなく、ほんの些細な事が引き金になるケースが実は多い。それは「心の中の何かを切る」と表現してもいい。

自分の内部にある「無駄なもの」「邪魔なもの」
それは雑念や甘えだったりする。
それを断ち切って前に進めるかどうかで人生は決まるんじゃないかな。

Bというのは文章の便宜上でっちあげた架空の人物です。
Bになる必要など何処にもありません。

人が考えるべきことは、自分の人生をどう切り開くか、だけです。
人生というのは「死ぬまでの年月」です。なので誰にも「年齢制限」などありませんよ。



確かにご指摘のお三人は立派な方々です。
だが「魚山人」を除いてです。
魚山人というのはまだまだ未熟者。
何も知らぬ田舎者でブログを書くのも躊躇いがある。
頭も悪い。
だから死ぬまで「知る」努力をし、「勉強」を続けなきゃいかんと思ってます。

Posted by 魚山人 at 2011年01月26日 00:11


お疲れ様!爺!
サッカーのアジアカップ
今1号と共に観て感動してる最中!

『じゅんサン ありがとう』
鯔 たいら 水匠と コメ馬鹿トリオ代表して 御礼申しあげます。

残念な発言が(3馬鹿)以外の魚山人様よりありましたこと 深く謝罪致します。

(B君が架空)←これ
3馬鹿ゎアホだから勘違いしちまう。(たいら&鯔&水匠)魚山人blogにコメしてんのがわからネェらしいよ(笑)だから(糞ジジイとたまに呼ぶ)

素晴らしきB君になって下さい。でも爺の記した意図が違うのも理解出来る方です!間違いネェ! だから爺blogを今後もよろしくお願い申しあげます。

板前だけジャネェんダヨ!
このblogを贔屓にして下さる方々ゎ!

同じ価値観を得られる方々ゎ職人サン!
職人サンの仕事ゎどんな業種であれ気持ちがイイ。

もしも
たいら氏や
水匠氏
はたまた
鯔をみとめて下さるならばそれゎ魚山人(爺)の人柄なんでしょう。

訂正するなら
水匠サンゎ立派な経営者で
たいら氏ゎ立派な板前で
鯔こと私が情けネェ アンチャンだってこと。

でも
情けネェ アンチャンだって世間のガキらの 力になろうと精一杯努力してんだ!

今月で40歳になるが
マダマダ負けネェ約束をしますよ!じゅんサン!

活けとし 生かされる我々が 出来ること! それをどうするかしかネェ。


削除なりUpなり爺の価値観に任せます。


本当にお疲れ様です。
そして ありがとう。
返事コメに感謝致します。

Posted by 鯔次郎 at 2011年01月26日 02:12


おつかれです、鯔さん。

サッカーは困りもんだ。
動けねぇ。だから他の事ができん。どうにもならん(笑)


とうとう「不惑の40歳」か。
仕方あるまい。流れる歳月を止めることはできないからね。
だが人間は幾つになっても変わらないよ。「どう生きるか」。それだけの話だ。


アンタ達お三方の素直さや優しさがどれだけ励みになってる事か。
それはおいら一人だけじゃない気もする。

「愚者の世界」だと思い込んでいた「インターネット」とやらに感謝する。

Posted by 魚山人 at 2011年01月26日 16:13


鯔さん。

ありがとうございます。

謙虚で、素敵な家族の大黒柱で、強さと優しさが感じられます。

僕が勝っているのは唯一若さだけです。
でも若さゆえの勢いやエネルギーは負けぬつもりでいます(笑)
今現在はそれらを使う場所を探している段階ですから、空回りですけども。

それが見つかり次第、もうやるだけです。
やるしかねぇ!です。

Posted by じゅん at 2011年01月27日 16:53

タイトルとURLをコピーしました